キングダムハーツシリーズのストーリーを振り返ろう!①

キングダムハーツシリーズのストーリーを振り返ろう!

ストーリー.png

ソラがキーブレードを持つ前までの物語の
あらすじをご紹介致します!

【キーバックカバー あらすじ】
キーバックカバー.png

~マスターオブマスターが弟子に使命を与える~

キーバックカバーは、キングダムハーツシリーズで最も古い時代の物語です。
未来視をできるマスターオブマスターという偉大な人物が、
「自分が弟子たちの前から姿を消し、均衡を保っていた世界が闇に覆われる」
という未来を目の当たりにします。

6人いる弟子のうち、
イラ・インヴィ・アセッド・アヴァ・グウラには未来が記された
「予知書」と使命を与えます。
残り1人のルシェには
「世界が終わるのを見届けて、次の世代に繋げてほしい」と話し、
マスターオブマスターは姿を消します。


~裏切り者の存在で疑心暗鬼に~

マスターオブマスターが行方不明になって以降のある日、
予知書と使命を与えられた
5人の中に闇に堕ちた裏切り者が
いるかもしれないということが判明します。

予知書を与えられた5人は、
それぞれに与えられた使命を全うしようと
各々が正しいと思う行動を取るものの、
裏切り者の存在、
使命と予知書に翻弄され疑心暗鬼になり、
次第に溝が深くなっていきます。


~キーブレード戦争が勃発~


最終的にキーブレード戦争が勃発し、
本来1つだった世界がバラバラになってしまいます。
その後のキングダムハーツシリーズの作品に繋がる
重要な映像となっているので、
キングダムハーツ3のプレイ前に見ておくことをおすすめします。


【バースバイスリープのあらすじ】
BbS.png
~キーブレードマスターを目指す3人の物語~

バースバイスリープは、
ソラが活躍していた時代よりも昔のお話で、
キーブレードマスターを目指すテラ、アクア、ヴェントゥスが活躍する物語です。

やがてアクアとテラはキーブレードマスター承認試験を受けるものの、
合格したアクアに対し、
不合格したテラは自身の心の闇について悩みます。
ゼアノートはテラに「闇の力を消すのではなくさらに強い力で抑え込め」と言い残します。


~キーブレードマスター~

キーブレードマスターは、光と闇の均衡を守る守護者です。
師匠の元で修行し、
力が認められるとキーブレードマスターとして正式に認められます。


~キーブレードマスター承認試験~

承認試験はキーブレードマスターの資格があるかどうかを見極めるものです。
キーブレードマスターのエラクゥスは、
アクアとテラに受けさせ、
試験の最中にテラから闇の力を感じ取ったため、
合格者をアクアのみとしました。


~世界に発生したアンヴァース討伐とゼアノート捜索~


程なくしてゼアノートが行方不明となり、
世界中にアンヴァースという闇の勢力が大量発生します。
エラクゥスは、
アンヴァース討伐及びゼアノート捜索をアクアとテラに命じ、
アクアにはテラの監視を内密に命じました。

更にヴェントゥスがテラを心配して追いかけてしまったため、
アクアにはヴェントゥスを連れて帰ることも役割として命じられました。
旅の最中、アクアは幼いカイリに、
テラは幼いリクにキーブレード継承の儀式を行っています。

旅を続けるうちに、
ヴェントゥスは自身がxブレードを作るための存在であることを知り、
真実をエラクゥスに確かめようとします。
エラクゥスはやむなくヴェントゥスを封印しようとするも、
テラが闇の力を使い阻止します。


~アンヴァースの存在~

アンヴァースとは心の負の感情から生み出されたものとされ、
テラ、アクア、ヴェントゥスはゼアノートを探しつつ、
各地に現れたアンヴァースを倒して世界に平穏を戻します。

アンヴァースの正体は、
ヴェントゥスがヴァニタスと心を分けた時に生み出された感情の一部です。
ゼアノートはアンヴァースを利用し、
テラ、アクア、ヴェントゥスを旅立たせるきっかけを作り、
3人を強くするように仕向けました。



~キーブレード継承の儀式~

継承の儀式は、
キーブレードマスターが他者にキーブレードを使う資格を与える儀式です。
マスターと継承したい相手が同じキーブレードに触れることで継承が完了します。

作中では、テラはリクに、
アクアはカイリにキーブレード継承の儀式を済ませているため、
キーブレードを扱うことが出来ます。




~マスターゼアノートの思惑通りの結末~

テラとエラクゥスは戦った後に和解したものの、
弱ったエラクゥスにゼアノートがとどめを刺し、
光が弱まって旅立ちの地が闇に覆われてしまいます。

テラはゼアノートに身体を支配され、
ヴェントゥスはxブレードとなりながらも自身の闇を倒して眠りについてしまい、
アクアは闇に堕ちたテラを救って、代わりに独り闇の世界に残ってしまいます。

眠ったままのヴェントゥス、
闇の世界に残るアクア、
記憶を失ったテラは名前を尋ねられると「ゼアノート」とだけ答えるところで物語が終了、
ここまでがソラの冒険の10年前のストーリーです。


~xブレードとキングダムハーツ~

xブレードはキングダムハーツの扉を開く鍵であり、
キーブレード戦争の原因です。
ゼアノートはヴェントゥスとヴァニタスの衝突でxブレードを作り出し、
キングダムハーツの扉を開こうとしています。

ゼアノートは元々1人だったヴェントゥスから、
純粋な闇だけを抜き出してヴァニタスを作り出したことで、
純粋な光と純粋な闇の衝突を再現させました。


~キーブレード戦争~


キーブレード戦争とは、
はるか昔にキングダムハーツを巡り光のキーブレード勢力と
闇のキーブレード勢力が衝突した戦争です。
キーブレード戦争の結果キングダムハーツは闇に飲まれてしまい、
世界はバラバラになってしまいました。


ここまでがソラが冒険に出るまでのあらすじです。
次はKHでソラが旅立ってからの物語のあらすじをご紹介いたします。

キングダム ハーツIII

価格:8,078円
(2019/1/24 17:56時点)
感想(13件)




この記事へのコメント